海外旅行持ち物

赤ちゃんや子連れで行ける家族旅行

海外旅行の持ち物編


海外旅行の持ち物




   国内旅行と違い海外旅行の持ち物の場合


    とても気になるものです。


   ただ、なれて来ると分りますが、何かあったときの


  子供の薬以外は、海外旅行でも国内旅行同様持ち物


にはあまり気にせず行かれる方が良いかと思います。
 
    
         

                  
   
 いろいろな方たちが、ホームページで旅行のコツや持ち物等、紹介してくれておりますので、初心者の方でも気が付く事は、なるべく省いて、それ以外のところを、できるだけ紹介して行きたいと思います。


まずは紙おむつ。 これは、旅先で買えばよいという方から、もって行くほうが良いと言う方まで、いろいろです。 


確かに、どこの国でも日本と同じように買えますが、日用品全般に言える事は、粗雑なのです! 


日本の物が良すぎるのだと思いますが、それに慣れている日本人は、イマイチのものばかりに思えます。 


紙おむつも同じです。 日本の赤ちゃんが使用して、お尻が赤くなっているのを、たまに見かけます。 
 

結果です。 紙おむつはできるだけ持って行きましょう! 


持って行った紙おむつは、減ることはあっても、決して増えませんので、心配しないで持って行きましょう。 帰りには開いたスペースが、お土産置き場にはや代わりします。 
 

ここで、覚えておいて欲しいのは、海外でもやはり日本と同じように、使用済み紙おむつの処理に困っております。 掃除の方達も、とても嫌な物です。 


ですから、外出する時紙おむつは必ず、普通のゴミとは別のビニール袋に入れて、置いてあげましょう。 


本当に気を使ってあげている人たちは、使用済み紙おむつの所にもちゃんと、少額のチップを置いてあげます(スマートで、カッコいいですね!)。
 
 
バギーは持って行かない。 これは、アメリカ系の場所へ行く時です(アメリカ本土、ハワイ、グアム等)。 


なぜなら、軽くて丈夫なプラスチックで出来た、15ドル前後の(バーゲンで9.99ドルで売っていた事もありました)バギーがたくさん売っています。 


子供が小さい頃はとても重宝しました。 最初は向こうで使うだけ使って、捨ててこようと思いましたが、これがまた、造りはちゃちなのに全然壊れない、軽くてたたむと車に積むにもとてもコンパクトで、全く邪魔にならない。 


仕方なく持って帰り、近所の友人にあげたら、これがまた大重宝で、おみやげのなかで一番喜ばれました。
 

また、グアムのレオパレスリゾートの様に、無料貸し出ししてくれるホテルも、有りますので、調べて行きましょう。
 

旅行に最初から持って行くのでしたら、なるべく小さくて軽いのを持って行きましょう。 
     
冷えピタ君や、体温計、これは確実に持っていって下さいね。 あと、海外でも子供の薬は買えますが、強い物が多く、小さい子は特に量を間違えたりすると、怖いのである程度の風邪薬や、解熱剤、お腹の薬、傷薬は、持って行って下さい(特に暖かいところへ行く時は、虫除けもスプレーも重宝します)。 
 

旅行保険も、必ず入って下さい。 クレジットカードを持っている人は、海外傷害保険が付いている事が多いので、どうしようか迷うのですが、疾病(病気)となると、全く保障がありませんので気を付けて下さい。
 
クレジットカードも必ず持ちましょうね。 JCBカードは日本ではなかなか良いのですが、海外へ行くと使えないことが多いです(アメリカのガソリンスタンドがほぼ全滅です、大きいショピングセンターなどはほぼ大丈夫です)。 


その為、家は他にもMC(マスターカード)、VISA(ビサカード)も、持って行きます。 MCかVISAですと、ほとんどどこの田舎でも大丈夫です。 


それに、カードのよさは、他にも色々有ります。 まず、現金を持つのが少額で済む。 ポイントがたまる(飛行機のチケットやホテルの支払いや、予約までカードですると、それだけでかなりたまります)。 


買った物に保険が付く(なくしたり、こわしたりしても保障してくれるカードまであります)ので、安心して買えます。 大きい町では必ず、カードの支店がありますので、色々な情報(美味しいお店や、大リーグ・NBA等の取りにくいチケットの手配まで)が手に入ります。 


うちは必ずどこへ行ってもカードのオフィースへは顔を出します。 けっこうおもしろいですよ。
 
カードと言うと、どこの飛行機会社を使うにしても、必ずその会社のポイントカードは、作ってくださいね。 


特に海外の航空会社のカードは、日本の航空会社の様に、けちではありませんので、ポイントはほぼ永久に消えないところが多いです。 


必ず席を取る人数分カードを作りましょうね。 


うちではアメリカのノースウエスト航空のワールドパークスカードと、JCBカードが一つになったカードを作ってあり、普段の買い物でもポイントをため、乗ってはためて、しております。 
 
これは、国内旅行のところでもお話しましたが、古着を捨てて来ましょうね! 旅行は、着古した下着やTシャツ、ズボン、靴下などの、捨て場所だと思いましょう。
 

うちでは、穴の開きかけた靴下や、よれよれになったシャツまで、一度は洗濯して捨てずに置いてあります。


 これを、旅行で一度着てからそのまま、捨ててきます。 とかく旅行というと、新しいものを買って持って行く人が多いですが、これだと持って帰らなければならず、荷物が増えるだけで減りません。 


帰りは山ほどの荷物になります。 なるべく減らす工夫をしましょうネ。 
 
 すてても良い洗面器か、お砂場セットのバケツも重宝します。 とにかくシャワーが固定式(上のほうについているだけ)なので、子供の身体一つ洗うのにも苦労します。 


洗面器(もしくはバケツ)一つあれば、とてもラクチンになります。 
  


赤ちゃんや子連れでも行ける
   家族旅行〜TOP



   《 国内旅行編 》

国内旅行の準備編

国内旅行の宿編

国内旅行の持ち物編


   《 海外旅行編 》

海外旅行の行き先編

海外旅行のスケジュールと宿編

海外旅行の持ち物編

海外旅行〜グアム編

海外旅行〜ハワイ編

海外旅行〜ロスアンゼルス編

海外旅行〜ラスベガス編

海外旅行〜オーストラリア編

海外旅行〜シンガポール編



  格安海外旅行術編




赤ちゃんや子連れの旅行リンク集1
 
グアム関連のリンク集

ハワイ関連のリンク集

ロスアンゼルス関連のリンク集

ラスベガス関連のリンク集

オーストラリア関連のリンク集

シンガポール関連のリンク集

旅行のお役立ち情報関連のリンク集


プロフィール


リンクにつきまして




        





       





       





        






        





     



(C)赤ちゃんや子連れでも行ける家族旅行